台風15号

先日の台風15号、今まで生きていた中で一番怖かった台風でした。

夜中2時頃、猛烈な風と音で目を覚まし、家が揺れてこのまま吹っ飛ばされるのではないかと感じました。

弊社管理物件でも被害が多く、水漏れ・シャッター破損・雨戸破損、看板が壊れたりと順次対応させていただいております。

 

報道されている様に、日を追うごとに千葉県などの被害が甚大な事が伝わってきます。

私も趣味のサーフィンでよく千葉に行っている身としては、気が気ではなく他人事とは思えませんでした。

東日本大地震の際には、なにか支援をしたくても募金しかできずモヤモヤしており、

募金しても役にたっているのかも分からないので、休みを利用して水と食料を持っていこうと思いました。

誰かが言っていました、思っているではなく動くんだ!

保育園に子供を送り、大型スーパーへダッシュ!

水2L×200本、重量約400kg Get!

私のミニバンだとこれ以上載せるとパンクしてしまいそうで・・・

レジのおばさんにも「頑張って!」とお声をいただきいざ「うん、頑張る!」と出発。

鴨川、和田、館山にはサーフィンでたまに行くので、なんとなく土地勘があるのでそちら方面へ。

京葉道から館山道を走っていると、自衛隊の災害派遣車・電力会社の応援車などもたくさん走っていました。

ちなみに船堀店の森店長は、以前、自衛隊勤務で戦車に乗っていたという強者です!

といってもどこに支援物資を持っていけばいいのか分からず、館山は水道が復旧した、水が足りているという情報もあり、

君津は断水しているとのツイッター情報でとりあえず君津インターでおりました。

信号はついておらず、倒木・電柱が斜めだったりと・・・

ちかくにいた人に聞いたところ「水は足りてるっぽいよ」と言われたので再び館山道に乗って南下。

鋸南町がひどいとの情報があり、富津金谷でおりました。

鋸南町と言えば、先代の会長、原部長にタイ釣りに連れて行ってもらった思い出の地であります。

3kg程の黒鯛・真鯛釣り、船酔い、帰り道の運転の恐ろしい睡魔・・・いい経験です!また復活したいです!

そんなこんなで歩いているご高齢のおばあちゃんを発見し声かけすると、水がないと・・・。

車におばあちゃんを乗せてご自宅へGo!

水2ケース、近隣の方へも水をお配りし、近くのコミュニティ会館へ行ってくれとの事で

金谷駅前にあるコミュニティ会館へ訪れました。

水を持ってきたと伝えると喜んでいただき、無事に任務完了。

水をおろしている際にも、住民の方々が水を欲しい、近くにすんでいる高齢者が取りにこれないから

水をもらいに来たと来られておりました。

 

江戸川区では不自由なく生活できている現状なのに車で約1時間半の鋸南町ではこの現状。

日々、ごく普通に当たり前に生活できている環境への慣れというものはなんなのかを考えさせられました。

余裕あるときにいざという時の備え、避難場所の確認は大事だという事を再認識致しました。

特にお子さんがいらっしゃるご家庭、近所に高齢者の方が住んでいらっしゃる方は大変です。

遠くの親戚より近くの住人とはまさにこの事で、助け合いの精神が大事だなと。

一刻も早く、被災された方々が元の生活に戻れる事を祈っております。

 

屋根が吹き飛んだ金谷フェリー乗り場

 

自衛隊の方々

訪れたコミュニティ会館